ドッグフードに含まれる添加物について

日本では、ペットフード安全法で犬猫のフードで使用できる添加物とその安全基準が設けられています。
ここでは、ペットフード安全法で使用を許可されている添加物について解説していきます。
ぜひお手元のドッグフードの原材料と照らし合わせてご覧下さい。

1.ドッグフードの添加物の役割とは?

添加物には、
  • 長期保存を可能にする
  • 美味しそうに見せる
  • 栄養を補う
といった効果があります。
簡単で便利なドッグフードですが、それを叶えるためには添加物の存在が欠かせません。
中でもドッグフードの場合は、人間用では禁止されている添加物でも使用許可が下りているものがあるので、注意が必要です。

2.知っておきたいドッグフードの添加物

ここでは、代表的な添加物をご紹介します。

エトキシキン

非常に強力な酸化防止剤です。
危険が高いため日本では人間用の食べ物には使用が許可されていません。
しかし安価なため、ペット用フードには使用されることがあります。
摂取し過ぎると、発ガン、皮膚炎などの危険性があります。

BHA

バターなど油脂類の酸化防止に使用されます。
過剰摂取は発ガンの危険がありますが、反対にガン抑制作用もあるといわれる未知数の添加物です。

BHT

化粧品、カップ麺のカップ等に使用される酸化防止・安定剤です。
少量なら問題はないと言われていますが、人間用の食べ物に使われることは減ってきています。

亜硝酸ナトリウム

肉類、ハム、魚卵などの発色・酸化防止に使われます。
毒性が強く危険物質に認定されています。
しかしその反面、恐ろしい中毒を引き起こすボツリヌス菌を壊滅する役割もあるため、使用量を守って使うことが認可されています。

農薬

現在の食物から農薬を皆無にすることは難しく、ドッグフードでも一定基準での含有が許可されています。

合成着色料

フードに色付けして美味しくみせる作用がありますが、犬は色の判別が得意ではないので不必要な添加物です。
中でもタール色素と呼ばれる合成着色料は、発ガン性や催奇形性の危険があります。
赤色〇号、青色〇号などと書かれているものは要注意です。

ビタミン、ミネラル類

食材では補いきれない栄養素をプラスする時に使われます。
しかし添加された栄養素が犬に効果的なのかどうかは疑問が残ります。
たとえば「ビタミンE」と記載されていても、それがどのような過程で作られたかは記載義務がありません。
安全性の判別も難しいといえます。

香料

食いつきを良くするため、または原材料の悪臭を防ぐために使用されます。
特に安価なフードや穀物主体のフードで美味しそうな肉の匂いがするものは、大量の香料が使われている可能性があります。

ドッグフードには様々な添加物が含まれており、中には長期に食べ続けると健康を害する物質もあります。
ドッグフードの原材料欄の半分以上が人工添加物で埋められているフードも少なくありません。
愛犬に元気で長生きしてもらうためにも、ドッグフードを選ぶ時には添加物を確認することが大切です。

【参考】
ドッグフードの合成添加物:http://dogfoodpet.com/5.html
フードの農薬物・添加物:http://www.kylivestock.org/nouyakutennkabutu.html